審査に必要な書類

まずキャッシングの審査を受ける際にはどのような書類が必要となってくるのでしょうか。実は消費者金融の場合必要書類はそれほど多くありません。

まず必要になってくるのは本人確認ができる書類です。一般的には運転免許証で十分です。しかし、場合によっては現在の住所と運転免許証に記載されている住所が違う場合もあります。その場合にはどうしたら良いのでしょうか。

その場合には自分の氏名と現在の住所が同時に記載されている書類を一緒に提出する必要があります。例えば、公共料金の領収書や住民票の写しなどです。また、運転免許証がない場合にはパスポートなどでも大丈夫です。

さて、基本的には必要書類は本人確認書類だけです。しかし、借り入れ金額がある一定額を超える場合には本人確認書類だけでなく、収入が証明できる書類が必要となってきます。例えばどのようなものでしょうか。

例えば源泉徴収票などは収入を証明することができる書類ですので、十分に使うことができます。また、給与明細でも大丈夫です。しかし、キャッシング会社によっては直近の1ヶ月だけでなく、2ヶ月分が必要となっているところもあるので注意する必要があります。このように、審査に必要な書類はそれほど多くありません。