申し込みの条件

さて、キャッシングを申し込むことができる条件とは一体なんでしょうか。今日はいくつかの点を記したいと思います。

まず重要な点として成人、つまり20歳以上である必要があります。年齢が20歳未満の場合には申し込みができません。また、逆に高齢者の場合にも年齢制限があります。この年齢制限はキャッシング会社によって違いますが、大体69歳以下となっているようです。

次に重要な点は安定した収入があるということです。これはどういう意味でしょうか。実は消費者金融の場合には総量規制というものがあります。これは年収の3分の1までしか個人として借り入れできないというものです。つまり借り入れ総額が年収の3分の1未満でなければならないのです。ということは、まずそもそも収入がないと消費者金融を利用することができません。

同時に安定したというところもポイントです。安定したとはどういう意味でしょうか。簡単に言うと毎月ある一定の収入があるということです。決して収入が多くなくても大丈夫です。ポイントは安定した収入なのです。ですので、正社員ではなくてもパートやアルバイトでも安定した収入があるならば、キャッシングを利用することができます。

審査に必要な書類

まずキャッシングの審査を受ける際にはどのような書類が必要となってくるのでしょうか。実は消費者金融の場合必要書類はそれほど多くありません。

まず必要になってくるのは本人確認ができる書類です。一般的には運転免許証で十分です。しかし、場合によっては現在の住所と運転免許証に記載されている住所が違う場合もあります。その場合にはどうしたら良いのでしょうか。

その場合には自分の氏名と現在の住所が同時に記載されている書類を一緒に提出する必要があります。例えば、公共料金の領収書や住民票の写しなどです。また、運転免許証がない場合にはパスポートなどでも大丈夫です。

さて、基本的には必要書類は本人確認書類だけです。しかし、借り入れ金額がある一定額を超える場合には本人確認書類だけでなく、収入が証明できる書類が必要となってきます。例えばどのようなものでしょうか。

例えば源泉徴収票などは収入を証明することができる書類ですので、十分に使うことができます。また、給与明細でも大丈夫です。しかし、キャッシング会社によっては直近の1ヶ月だけでなく、2ヶ月分が必要となっているところもあるので注意する必要があります。このように、審査に必要な書類はそれほど多くありません。

消費者金融の申し込み方

急にお金が必要になったときに助かるのが消費者金融です。いわゆるキャッシングというものです。キャッシングのメリットは審査のスピードが非常に早く、そして必要書類もそれほど多くなくて済むという点です。そのため、場合によってはキャッシングを申し込んだその日のうちに借り入れることができます。では、そんなキャッシングを利用するためにはどのような申し込み方法があるのでしょうか。今日はそのいくつかをご紹介します。

まず最初の方法は無人契約機を利用するというものです。大手のキャッシング会社であれば、全国各地に無人契約機を設置しています。その無人契約機を利用すると、簡単にキャッシングを申し込むことができます。機械に出てくる案内に従って個人情報を入力するだけで大丈夫です。

次の方法はネットです。実は今は大手のキャッシング会社を中心にネットによるサービスが非常に充実しています。今ではネットを通して24時間申し込みを受け付けています。ネットによる申し込みもそれほど複雑なものではありません。ネットショッピングなどで買い物をしたことがある人ならば、十分にできるような難易度です。ネットで申し込む際には必要書類を電子データで送付します。

このように消費者金融の申し込み方法はより便利になっています。では、実際に審査を受ける際に必要な書類は何でしょうか。そして、申し込みのための条件とはどのようなものなのでしょうか。一つ一つ説明したいと思います。